HPと広告

歯科医院において、インターネットで集客する場合に主役になるのは、ホームページです。HPの活用なしに、集客方法を考えることは出来ません。自分の医院を売り込む方法として、HPは大変有効に機能します。

しかしながら、HPや情報発信に時間を取られ過ぎて、自分の脳で考えることができない、新たに学ぶことがおろそかになることは避けなくてはなりません。HPを活用する場合には、どの程度自分に付加がかかるのかを事前に考えながらつくることも必要です。あまりにも手間暇のかかるHPを作ってしまい、他のことに手が回らないということがないようにしましょう。

HPの他にも、患者さんを呼び込むために誇大広告や期待値の揚げ過ぎには注意が必要です。接触回数を増やして、患者さんとの信頼関係を築く。ということは、大切なことです。しかしながら、無駄に接触回数を増やして、患者に手間をかけるのでは逆に信頼が失墜する可能性もあります。大事なのは、患者に来店してもらう理由をきちんと説明することで、疑問や不安を残さないことです。職人気質の院長の場合、コミュニケーションが下手なケースがありますが、その場合、患者とのコミュニケーションの取り方を今一度見直してみると良いでしょう。また、コミュニケーションの取り方は、他のスタッフに一声かけてもらうなどの工夫も出来ますので、工夫することも大切です。