All posts by admin

矯正歯科治療の費用

矯正歯科治療の料金は、咬み合わせや歯並びを部分的に治す場合と、全体的に治す場合で異なります。また低年齢時に早期治療を行い、永久歯に生えかわってから本格治療を行う場合には、通常別々に矯正料金を設定します。費用は、咬み合わせや歯並びの状態を診て、いつ、どの様な装置を使って治すか、歯を抜く必要があるかどうかなどを精密検査に基づいて診断し、治療方針が決定してから決まります。矯正歯科医に口の中を診てもらうと、治療の内容や費用のアウトラインが分かりますので、まずは 矯正歯科医に相談されることをお勧めします。矯正歯科専門開業医の初診相談料は、通常二~五千円、精密検査・診断料は四~七千円です。

治療方針が決まるまで・・・

適切な診断のためには、十分な精密検査が必要です。 ・患者さん一人ひとりの状況を確認・・・・・初診で一見して治療方針が決まるほど、不正咬合は単純ではありません。通常行われている初診・相談、精密検査のおおよそは、次の様です。 初診・相談 どこを治したいのか、どんな理由で来院したのか、通院できるのかなどを尋ねます。 指しゃぶり、舌のくせ、口呼吸、アレルギー、扁桃肥大などの有無を尋ねて、確認します。 両親や兄弟に同じような症状があるかどうかを尋ねて、確認します。 歯や口の中の診察―不正咬合の状態、むし歯や歯周病の有無、歯磨きの技術などを確認します。 レントゲン(エックス線)写真―通常三種類のレントゲン写真を撮ります。頭部エックス線規格写真・・・・外見では分からない、頭に対するあごの位置や大きさ、上あごと下あごの位置関係、歯とあごの関係、歯の傾き具合などを調べます。側面と、必要ならば正面を撮ります。 パノラマエックス線写真・・・・全部の歯を一枚に収めた写真。これから生えてくる歯も含めて、歯槽骨、顎関節の状況などを調べます。歯のエックス線写真・・・・部分的により正確に確認する為の写真。顔と口の写真―口の中のようすと、顔の写真{正面・横顔など)を撮ります。治療が完了した。時に、これで変化{治療効果)を確認できます。 歯型―石膏で歯並びの模型を作り、不正咬合の状態を立体的に確かめます。 あごの関節の形や位置に問題があると考えられた場合には、あごの関節などのレントゲン写真を撮ります。あごをいろいろな位置に動かした時に、どのように動くかの顎機能検査をしたり、あごの筋肉の動きを検査する筋電図を撮ることもあります。 診断と治療方針の決定・・・資料を分析して診断し、どのような治療をするのか、治療方針を決定します。歯を抜く必要があるかどうかも、この時点でわかります。 治療方針に基づいて、患者さんに治療の流れや必要な期間、料金の概略の説明が行われます。

歯科医への不満

歯科は他の医科と比べ転医率が高いといわれている。最近では前医の治療の問題を 指摘し、自院での治療をすすめる歯科医も多い。そこに医学的な根拠があればよいが、我田引水の批判だったりすることもある。 こうして歯科医への不信感が増していく。歯科医への不満は、やがて歯科医療その ものへの不信感となり、自分の歯は取り返しのつかない状態へと進んでいく。 患者は弱い立場なので、不満や不快なことは早め早めに歯科医に伝えたほうが良い とは知っていても、少々のことは我慢して通院してしまう場合が多い。 症状が改善されずに転院を操り返した挙句、最後に行きついた歯科医で話したとき には「時すでに遅し」で、それまでに仕上げた金冠や入れ歯をはずし、最初からやり直さねばならない例もある。このような失敗を繰り返さない為に、むし歯1本でさえ、心して治療を受けなければならない。

矯正歯科

人の第一印象は、出会った最初の十秒で決まると言われますが、印象を左右する多くは顔のつくりです。例えば細くてシャープな下あごは、切れ者の印象を与えます。反面、温かみに欠け、そこから詰めたい感じを受ける人もいるでしょう。 出っ歯の場合には、くちを閉じるとあごの先{おとがい)の筋肉に緊張を与えて俗にいう梅干状のしわができ、気分や意思に関係なく、ムッとした不機嫌な印象を与えてしまうことがあります。 アメリカでは、エグゼクテイブや管理職になるためには、スリムな体形ときれいな歯並びで人に好印象を与えることが必須条件とされ、矯正歯科治療が社会に定着しています。日本でも今後、矯正歯科がはやるかもしれません。

イベント開催

歯科医院でリピーターになってもらうには、医院長やスタッフと患者さんの距離感が近いことが大事になります。治療中はなかなか話ができずらいことも、イベントなどを開催することによって、患者さんと先生という縦の関係性ではなく、横のつながりを築きやすくなります。イベント開催には食事会などがあっても良いでしょう。その中で患者さん同士が知り合いになり、サプライズを起こせば口コミにつながるからです。お年寄り向けなのか、子ども向けなのかにもよりますが、ケースバイケースで自分のイベントの趣旨を変えて行きましょう。 また、そういったイベントを開催するには、歯科医院側からコミュニケーションを取る必要がありますが、歯科医院側からコミュニケーションを取る方法として、ニュースレターの発行が一つの手段として上げられます。 また、イベントや患者の来院のキャンセルが多い場合には、ハガキでの周知を広めて行く必要があります。これによって、ドタキャンの率が低くなりますし、単なる物忘れによる患者さん側のミスを防ぐことができます。

スタッフの採用

「1、スタッフの採用」・・・歯科医院経営は、他の業種、業態に比べて人的依存症が高いという特徴があります。経営資源のうち「人」の要素が最大なのですから、スタッフ採用が医院の質を決定付けると言えましょう。  <① 採用前心得> 院長の「人を見る目」を高める。どの様にしたらよいのでしょうか。これには多くの経験を積んでいくことしかありません。採用の経験をということでなく、院長の資質を高めることにつながる様々な経験を多く積み重ねることが大切です。 <② 院内準備> 採用するスタッフの仕事を明確にする。確認しておきたいこと -採用理由は?・・・スタッフの退職によって公認のスタッフを採用するのか、」新たにスタッフを増やすのか -職制は?・・・歯科衛生士か、歯科助手か、受付か -スキルは?・・・どの程度の能力が必要か。経験者が欲しいのか。新卒者でOKか。 -勤務形態は?・・・常勤か。非常勤か。医院の方針を固める ここで大切なのは採用を院長が独断で決めるのではなく、現スタッフの意見を取り入れて考えること。患者本位の診療は一人ではできません。医院全体のチームで行うものです。現スタッフと協議して検討していくことで、その後の医院の人間関係を円滑にすることができるのです。

歯科と医科の連携

医科との連携により血液検査や尿検査などを行うことで、高血圧 や糖尿病など、他の生活習慣病についても情報を共有することができます。 国民の健康観の高まりは予防へとつながり、定期的な管理(い わゆる保守管理)を受け入れる準備もできていると思います。これまでフリーアクセスが特徴の健康保険制度とは、ある意味路線変更ともいえます。 かかりつけという言葉が保険制度の中にも入ってきました。年 2回の歯 科の定期健診時に医科の一般検査項目を追加することは、患者さんにとっ て非常に有意義なことです。また、同じ生活習慣病との関係につい ても全体として把握できていくものと思います。そのような指導、情報提 供を歯科医院で行うためには、医科との連携が不可欠です。近隣医療機関 から人材派遣を受けたり、検査体制の供給を受けることで実現可能となる のではないでしょうか。

余裕が大切

歯科医院に限らず、経営において大切なのが「空白の時間に何を考えるか」です。空いた時間に何を次するかを考えることが大事です。もし、歯科医院にあまり患者が来ないのであれば、歯科医院の経営を改善するにあたって何ができるかを考える必要があります。 あいた時間を潰すのではなく、大切に次の策を練る、ちょっとした工夫をすることで成果を積み上げて行くことが望ましいでしょう。 また、仕事が積み上がりとにかく「こなす」ような毎日になってしまうのは、注意が必要です。「こなす」毎日になってしまうと、自分で考える時間や経営を改善する時間がなくなってしまうからです。常に心に余裕を持ちながら、1日1日できることを考え、新たなチャレンジをするという姿勢を忘れないようにしましょう。 新たなことにチャレンジするには、エネルギーが必要なので日々忙しさのあまり忙殺されてしまうのではなく、自分なりに余裕を持たせつつ、取り組んで行くことも必要です。毎日あまりの忙しさに、寝る暇もないということは避け、忙しさの中にも余裕を持たせることを忘れないようにしましょう。