治療方針が決まるまで・・・

適切な診断のためには、十分な精密検査が必要です。

・患者さん一人ひとりの状況を確認・・・・・初診で一見して治療方針が決まるほど、不正咬合は単純ではありません。通常行われている初診・相談、精密検査のおおよそは、次の様です。

  • 初診・相談
  1. どこを治したいのか、どんな理由で来院したのか、通院できるのかなどを尋ねます。
  2. 指しゃぶり、舌のくせ、口呼吸、アレルギー、扁桃肥大などの有無を尋ねて、確認します。
  3. 両親や兄弟に同じような症状があるかどうかを尋ねて、確認します。
  4. 歯や口の中の診察―不正咬合の状態、むし歯や歯周病の有無、歯磨きの技術などを確認します。
  5. レントゲン(エックス線)写真―通常三種類のレントゲン写真を撮ります。頭部エックス線規格写真・・・・外見では分からない、頭に対するあごの位置や大きさ、上あごと下あごの位置関係、歯とあごの関係、歯の傾き具合などを調べます。側面と、必要ならば正面を撮ります。
  6. パノラマエックス線写真・・・・全部の歯を一枚に収めた写真。これから生えてくる歯も含めて、歯槽骨、顎関節の状況などを調べます。歯のエックス線写真・・・・部分的により正確に確認する為の写真。顔と口の写真―口の中のようすと、顔の写真{正面・横顔など)を撮ります。治療が完了した。時に、これで変化{治療効果)を確認できます。
  7. 歯型―石膏で歯並びの模型を作り、不正咬合の状態を立体的に確かめます。
  8. あごの関節の形や位置に問題があると考えられた場合には、あごの関節などのレントゲン写真を撮ります。あごをいろいろな位置に動かした時に、どのように動くかの顎機能検査をしたり、あごの筋肉の動きを検査する筋電図を撮ることもあります。
  9. 診断と治療方針の決定・・・資料を分析して診断し、どのような治療をするのか、治療方針を決定します。歯を抜く必要があるかどうかも、この時点でわかります。

治療方針に基づいて、患者さんに治療の流れや必要な期間、料金の概略の説明が行われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *