歯科医への不満

歯科は他の医科と比べ転医率が高いといわれている。最近では前医の治療の問題を
指摘し、自院での治療をすすめる歯科医も多い。そこに医学的な根拠があればよいが、我田引水の批判だったりすることもある。
こうして歯科医への不信感が増していく。歯科医への不満は、やがて歯科医療その
ものへの不信感となり、自分の歯は取り返しのつかない状態へと進んでいく。
患者は弱い立場なので、不満や不快なことは早め早めに歯科医に伝えたほうが良い
とは知っていても、少々のことは我慢して通院してしまう場合が多い。
症状が改善されずに転院を操り返した挙句、最後に行きついた歯科医で話したとき
には「時すでに遅し」で、それまでに仕上げた金冠や入れ歯をはずし、最初からやり直さねばならない例もある。このような失敗を繰り返さない為に、むし歯1本でさえ、心して治療を受けなければならない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *