経営センスを磨く

歯科医院として成功するには、歯科技術と経営センスのバランスが大事です。歯科技術だけ磨いていても、患者は増えません。一方で、経営ばかりに偏って中身のない治療をすることは、歯医者としては論外だからです。経営センスがなく、患者の来院があまりにも少ないというケースの場合、経営センスを磨く必要があります。

いきなりすべてのことをするのではなく、まずは、自分の時間を作り、頭を使って打つ手を考える必要があります。考える時間が飛躍をもたらすからです。頭を使って、コツコツと今できることから始めることで、少しずつ経営センスを高めることがでしょう。日々の診療に時間が取られるなかでどのように歯科医院の経営を改善していくかは、労力のいることですが、少しずつ前進することで、1年先、5年先、10年先、15年先と見据えて経営を改善して行く事が大事です。一発ホームランを狙って挫折するのではなく、コツコツと前進していく姿勢が必要になります。

大金をはたいて、一回で挫折してしまうような投資方法は避けるべきです。それよりも、コツコツとやりながら成功事例を積み上げていく方が、良いでしょう。長期的に続けるにはどうしたら良いかについても、考えながら、前進して行きましょう。